9月の摩周湖星紀行の見どころ|中秋の名月と秋の空

月のない夜は16日まで。24日は中秋の名月

せっかくホームページをリニューアルしているので、ツアーコンテンツをご案内致していきます。

満天の星を見るなら、月のない16日ごろまでが見ごろ

摩周湖の星空

9月上旬はツアー時間中に月がなく、満天の星のチャンスです!

17日頃から西の空に月が残り始めます。25日の満月に向かって月が明るくなっていきます。

秋の空気が入って、空気が澄んできています。流れ星が見られるチャンスも増えて行く季節ですね。

夏の間は霧やかすみで見えづらい”釧路の夜景”もはっきり見られる日が増えてきました。

晴天率も次第に上がっていくでしょう。

参照:国立天文台暦計算室(根室)

中秋の名月は摩周湖に月が映る瞬間を狙おう

月夜の摩周湖

24日は中秋の名月で十五夜。お月見をするのにいい夜。

月の出は日の入りとほぼ入れ違いで、夕方17時ごろ。ツアー時間の21時ごろは高い位置にあると考えられます。

摩周湖に月の光芒が映りこみ始めるのは、月の出からおよそ1時間後、そこからだいたい1時間くらい。

18時過ぎ~19時くらいの間で様子を見るのがよいでしょう。

季節の星座

今月見られる季節の星座は、秋の星座が中心です。秋の四辺形を持つ「ペガスス座」を中心に、『神話の季節』と呼ばれる秋の星座が楽しめます。

天頂から西に傾き始める夏の大三角とともに、夜空を大きくまたぐ天の川が見られます。

北東の空には冬の星座の「ぎょしゃ座」のカペラが早くも顔を出しています。

今月見られる惑星

木星

金星

日の入り直後、西の低い空で明るく非常に明るく輝く宵の明星。21日には最大光度(ー4.6等級)となります。
ツアー時間には沈んでいます。

火星

今月はツアー時間中にほぼ南中し観察しやすいです。位置は天の川が沈む「いて座」よりより左の「やぎ座」付近。摩周第1展望台から見ると、弟子屈町の夜景の上に見られます。明るさはー2.1等〜ー1.3等の赤い星。

木星

「てんびん座」にあり日の入り後2時間ほどで沈みます。そろそろ時期は終わりですね。明るさはー1.9等〜ー1.8等。

土星

天の川が沈む位置にある「いて座」付近にあって、まだしばらく見られます。
明るさは0.4等〜0.5等。

ツアー中の服装について

9月は季節の変わり目。朝晩の冷え込みは強くなって1ケタの日も増えてきます。少し過剰なくらいの準備があるとよいです。

1カ月予報では、やや気温が低い傾向になってます。

ライトダウンやフリースのような暖かく脱ぎ着可能な服装がオススメ。アウトドアのレインウェアをウィンドブレーカーとして利用するのもよいですね。

9月下旬は標高の高い山で紅葉が始まる季節。風が吹くと体感気温で0℃を切ることもありますので、充分な準備があると安心です。

最後に

9月上旬はありがたいことに予約がほぼいっぱいになってきました。

とはいえ、当日の天候によってはキャンセルが出ることもあるので、もし希望日に予約がいっぱいの場合には、当日あきらめずにお電話ください。

ツアー詳細はこちら

摩周湖星紀行
川湯温泉発着星空鑑賞ツアー 料金:大人(中学生以上)3,500円 小人(小学生)2,500円 幼児500円 ※2018年4月以降は料金改定いたしました。 さあ、星を見つけに行こう! ”神秘の湖”、摩周湖。 その湖を舞台に毎夜繰り広げられる星たちの大パノラマショー。 燦然と輝く一等星、いくつもの物語を紡ぐ星座たち、夜空を演出する天の...

ご予約はこちら

摩周湖星紀行