10月の摩周湖星紀行のみどころ|流星群と美しい空

10月下旬の星空|摩周湖星紀行

10月はオリオン座流星群

10月に入り紅葉が日に日に色づき、空気はいっそう澄んで青空が美しい季節となりました。

10月の摩周湖星紀行見どころをお知らせします。

りゅう座流星群|10月9日未明

りゅう座流星群

りゅう座流星群は、知名度は高くないが13年周期で非常にたくさん流れ星が見られる流星群。前回の周期は2011年なので、次回は2024年ということになります。

2018年は、新月で月の影響がなく観測条件としては良いが、1時間に数個程度の流れ星が見られるでしょう。

11月に極大を迎える「おうし座流星群」がすでに活動期(9/25~11/25)に入っており、空も清んでいるため、ツアー中に流れ星を見る機会が増えています。

オリオン座流星群|10月22日未明

オリオン座流星群

2018年のオリオン座流星群は、ほぼ満月(月齢13)に当るため観測条件はあまり良くないです。極大時刻は午前2時ごろ。月の入りが3時ごろになるので、深夜から夜明け前なら条件は良さそう。

とはいえ流星群。空の条件が良い場所であれば、1時間に5~10個程度見られるようです。

オリオン座はとても見つけやすい星座なので、東の空にオリオン座が昇ってくる21:00過ぎくらいからチャンスです。

冬のダイヤモンド|10月下旬

冬のダイヤモンド

夏の大三角に対して、冬は大六角。1年でもっとも1等星の多いのは冬の星座。全部で7つあります。冬の星座がすべて姿を見せるのは23:00ごろから。

冬の大六角はその形が宝石の様に見えることから、別名を「冬のダイヤモンド」と言います。

すでに冬の星座である「ぎょしゃ座のカペラ」と「おうし座のアルデバランとすばる」が姿を見せています。10月の後半には「ふたご座のボルックス」と「オリオン座のベテルギウスやリゲル」が姿を見せてくれます。

イラストは実際の星空とは少しズレています。冬のダイヤモンドが大きすぎるので小さく表示しています。

月と火星の接近|10月18日

7月末に地球に大接近し赤く輝いていた火星も、少しずつ離れています。とはいえ、秋の星座には明るい星が少ないため、今でもひと際明るく見えるのが火星です。

10月18日には月と火星が接近し並んで見えます。月の大きさは半月くらい。

羅臼沖のイカ釣り漁船の漁火

摩周湖から見た羅臼沖の漁火

秋は摩周湖から羅臼沖の漁火のあかりを見ることができます。

摩周岳の左手の奥には町は存在せず、たどっていくと海に出てしまいます。ちょうどそこでやっているのが、イカ釣りの漁火なんですね。肉眼では明るく見えるだけですが、写真に撮るとたくさんの光の点に見えます。

最後に

今回はイラストで表示してみました。実際の星空はこちら。

ぎょしゃ座とすばる

秋から冬にかけては天候が安定し晴天率も高くなってきます。満天の星が見られる日が多くなりますよ。

ツアー詳細はこちら

摩周湖星紀行
川湯温泉発着星空鑑賞ツアー 料金:大人(中学生以上)3,500円 小人(小学生)2,500円 幼児500円 ※2018年4月以降は料金改定いたしました。 さあ、星を見つけに行こう! ”神秘の湖”、摩周湖。 その湖を舞台に毎夜繰り広げられる星たちの大パノラマショー。 燦然と輝く一等星、いくつもの物語を紡ぐ星座たち、夜空を演出する天の...

ご予約はこちら

摩周湖星紀行