秋の北海道アウトドアにオススメの服装|9月・10月

秋の北海道は1カ月先取りのファッションでいこう!

9月も中旬、朝晩は特に冷えるようになってきました。ところどころ紅葉する少し気の早い木々が目に入ってきす。

これから秋は深まり、本州で高原で紅葉が始まる頃の10月下旬~11月上旬のイメージとなっていきます。

季節の変わり目は服装選びも難しくなってきますね。

そこで、これから紅葉シーズンに向けた北海道旅行の参考に。弟子屈町のオススメの服装をご案内します。

紅葉シーズンは最低気温に合わせた服装で

硫黄山の紅葉

9月は最高気温が20℃を超える日も多いので油断しがち。

一般に紅葉が始まるとされる気温は8℃を下回る頃。弟子屈町では9月下旬から10月上旬にかけては最低気温が1ケタになる日も当たり前になってきます。

弟子屈町の紅葉のピークは10月中旬ごろ。紅葉開始からだいたい2~3週間です。

仁伏の紅葉

日中との気温差があるので秋の服装選びには悩みますね。

秋は朝晩の気温差があるので、夕方から夜の気温に合わせて準備すると安心です。なぜなら、この時季はすでに北風。日中でも風が強いと体感温度で10℃を下回ることがあるからです。

暑い時は脱ぎ着しやすい服装を選ぶのもポイント。ジッパーのついたフリースやライトダウンジャケットがあると安心です。脱ぎ着しにくいボトムスは要注意。ファッション性を重視して足首を出していると冷えますよ。

ファッションは1カ月先取り

9月は秋冬物が出始める季節でもあります。

道外の方は先取りした服を試すのにはちょうどいい、ということもあるかもしれませんね。ただし、自然を楽しみたい場合にはちょっと変わってきます。

都市部の秋のファッションはこの辺りが参考になります。

北海道に行く服装はこれで決まり!季節別選び方まとめ(イラスト解説付) | 北海道Likers
北海道旅行&出張の服装選びの参考に。季節別おすすめコーディネートや、北海道の寒さを上手く乗り切るアドバイスをイラストとともにご紹介!「男性」「女性」「子ども」ごとにポイントをまとめました。

北海道を代表する観光メディアの「北海道likers」さんには季節ごとのファッションが細かく載っています。9・10月は掲載がないですね。そして、町歩きなファッションです。

北海道 10月の気温と服装 | 旅の基本情報 | たびらい
北海道の10月を過ごすための服装を説明!旅の参考に。

こちらも観光メディアの「たびらい」さん。月別で載っています。こちらも町歩きな感じです。

アウトドアシーンでは少し不足かもしれません。

機能性に優れたアウトドアウェアを活用しよう

弟子屈町や道東の自然を楽しむ方には、機能性に優れたアウトドアファッションがおススメです。

秋の装い_北海道

アウトドアブランドは少し値段が高いイメージがありますが、非常に高機能なうえ丈夫で長持ちします。また、コンパクトに小さくまとめることができるので、もち運びにも便利。

これは登山のような急な天候の変化に対応して、もち運びやすく体温を調整しやすい設計になっているからです。だからこそ、非常に丈夫で機能性に優れています。

イラストについて少し補足
10月も半ばになってくると、もう1枚うわ着が必要になります。厚着したくない場合はヒートテックのようなインナーで調整すると良いですよ。
大事なのは、帽子や手袋、マフラー。小物があるかないかで暖かさが断然違います。靴はまだ履きなれたもので大丈夫です。

10月は紅葉カヌーもオススメ

紅葉カヌー

弟子屈町で夏を代表するアクティビティと言えば釧路川源流を下る「カヌー」です。

紅葉がピークに近づくにつれて、釧路川沿いでも紅葉が進みます。水面に映る紅葉や落ちてくる葉もまたキレイです。町内の紅葉スポットとして有名な屈斜路湖の和琴半島は、とても紅葉が美しく半島を1周するカヌーも楽しめます。

 

秋のアクティビティを楽しむためにもしっかりと暖かい服装を準備しておきたいですね。

まとめ

・ 秋は1カ月先取りのファッションで。ただし、アウトドアではもうひと工夫必要
・ 朝晩の気温は一ケタ。脱ぎ着しやすい服装がオススメ
・ 帽子やマフラーのような小物があると暖かさが違う
服装を考えると荷物が多くなりがち。コンパクトに収納できる暖かい服を用意するのがポイントです。
しっかり準備して秋の北海道を楽しみましょう!