摩周湖スノーシューツアー

摩周湖絶景スノーシューツアー

<料金>
2名様以上でのご参加の場合・・・1名5,500円~(事業者により異なります)
1名様でのご参加の場合・・・8,000円

さぁ!スノーシューを体験しよう!

ツアー実施期間:2018年12月末~2019年3月末
※実施期間は積雪状況により前後します

3つある摩周湖を見下ろすことができる展望台も、冬は摩周第一展望台の1か所しか行くことができなくなり、摩周の外輪山は一面の雪景色になります。

そんな雪の上をスノーシューという道具があれば、歩いて行くことができます。野生動物の姿が見られることも!摩周湖の絶景を見下ろしながら、外輪山でスノーシュー体験。ガイドが案内してくれるので、安心して歩いて行くことができます。

そんなスノーシューツアーの様子をご紹介したいと思います。

摩周外輪山から見られる景色

夏は第3展望台へと続く道路の上を歩いていきます。

歩き始めてすぐ、視界が開けた場所で見られるのが、「屈斜路カルデラや雄阿寒岳、雌阿寒岳、根釧台地」の広大な景色です。東北海道全域の天気がよければ、遠く釧路の町も双眼鏡など使うと見ることができます。

歩いていると動物の足跡や食痕などを見つけることができます。

様々な条件がそろうと、木々に霧氷が着いていることもあります。そんな木々の中を歩くことができるときもあります。

さぁ、ついに摩周湖のお出ましです。冬らしい摩周の水の色。空と湖の青色に雪と雲の白色の2色がとてもきれいなコントラストを醸し出してくれています。摩周湖を見ながらしばしの休憩。

休憩後は帰路につきます。帰りは摩周湖を見ながら外輪山を歩くこともあります。湖を見ながら歩くのはとても気持ちがいいです。

最後はまた道路に戻ってきて、第1展望台まで戻ってきます。

もちろん、霧の摩周湖となってしまい、景色が見えないときもありますが、1時間30分という短い時間の中で、霧で何も見えないときも含めて、摩周外輪山では色々な景色を楽しむことができます。

冬の弟子屈に来たら、ぜひ一度、摩周でスノーシュー体験してみませんか?

服装について

厳寒期は最低気温がマイナス15度を下回る日もあります。出来る限りの暖かい格好をご用意ください。スキーに行くイメージで、脱ぎ着しやすい重ね着がオススメです。

インナーを工夫すると効果的です。耳が霜焼けにならないように耳をしっかり覆いましょう。首元を温めるマフラー類は非常に有効です。スマホで写真を撮るときにはスマホ対応手袋があると便利です。

ふゆの服装

 地元ガイド事業者のご紹介

現在弊社ではスノーシューツアーの手配業務を行っておりません。
ご参加になりたい場合は以下の町内のツアー事業者に直接連絡をお取りください。

片瀬自然ガイド事務所
二足歩行
リバー&フィールド
SOMOKUYA(そもくや)

※料金や内容は、参加される人数やガイド事業者によって異なります。
※込み合う場合もあります。1か月程度余裕を持ってお申込みすることをお勧めします。