摩周湖霧氷ツアー

川湯温泉発着”霧氷”鑑賞ツアー

料金:大人(中学生以上)3,500円 小人(小学生)2,500円 幼児500円

※2018年4月以降は料金改定いたしました。

霧氷を見に早朝出かけよう!

摩周湖霧氷ツアー

真冬の早朝。摩周湖第一展望台に立つ。
南には広大な広さを誇る根釧台地。
東には神秘の湖、摩周湖の豊かな湖水を湛える摩周カルデラ。
様々な条件がそろうと摩周外輪山の木々は霧氷に包まれます。
それでは、霧氷を眺めに行く摩周湖霧氷ツアーをご紹介したいと思います。

霧氷はどうやってできるの?

―摩周外輪山で霧氷ができる理由 その1― マイナス20度にもなる気温

東北海道では、積雪が多くない分、凍えるような冷気が漂うため、昼間でも気温がプラスにならない日々が続きます。また、当エリアは屈斜路カルデラという外輪山に囲まれているため、条件がそろうと、カルデラの底には冷気が溜まり、マイナス20度以下の気温になることも珍しくありません。

そんな極寒の地で生えている木々が冷気によって冷やされるため、木々に水分が触れると凍り白い衣をまとって霧氷となっていきます。

―摩周外輪山で霧氷ができる理由 その2― 摩周カルデラ・屈斜路カルデラという地形

摩周湖霧氷ツアー

阿寒摩周国立公園は、摩周カルデラ・屈斜路カルデラ・阿寒カルデラの3か所を包括するように指定されています。目的地である摩周第1展望台は標高約550mにあり、雪雲が展望台を通過していくと、雲中の水蒸気や水滴が木々に着氷することで、霧氷になります。晴れが続くと霧氷になる可能性は低くなりますが、摩周外輪山から昇ってくる日の出を見ることができるのも醍醐味の一つです。展望台の回りが霧氷となり、朝陽が当たるととてもきれいなピンク色に染まる霧氷が見られることもあります。

―摩周外輪山で霧氷を見る理由 その3― 霧氷になるのは摩周の外輪山だけではない

屈斜路カルデラ内の霧氷

カルデラの外輪山に囲まれた当地域は、風が弱ければ、カルデラ内部では太陽が沈むと山の空気は放射冷却によって冷やされていきます。暖かい空気よりも重たい冷やされた空気は外輪山の斜面に沿って下降していき、カルデラ内部に溜まっていきます。カルデラの底で漂っている温泉の湯気や湧水、小川などの水源からの水蒸気が、冷気によって冷やされた木々に触れることで着氷し、霧氷となります。

屈斜路カルデラの底に位置している川湯温泉周辺や屈斜路湖畔では、摩周の展望台よりも気温が低く、水蒸気が多いため、至る所で霧氷を観察することができます。

展望台は自分たちでも行くことができますが、ガイドの案内でより当エリアのことや霧氷について知りたいという方のために、川湯温泉に宿泊されている方へ、早朝の摩周第1展望台へ行くガイドツアーを用意しています。

摩周湖霧氷ツアーの様子

摩周湖霧氷ツアーは川湯温泉から摩周第1展望台へガイドが同行する所要時間1時間30分のガイドツアーです。宿泊施設出発から周辺の自然や霧氷についての案内が始まります。
そんな摩周湖霧氷ツアーの様子を少しだけご紹介したいと思います。

宿泊施設から出発

川湯温泉を出発するとガイドによる案内が始まります。
その日の天候や霧氷の状況から話が始まり 摩周湖から見える景色についてなどご案内いたします。

現地でのご案内

摩周湖の展望台にて風景を観察します。
摩周湖での滞在時間は30分です。風の強い寒い日だと30分も長く感じることもありますが、条件のいい暖かい日などは30分だと物足りなく感じることもあります。ガイドは目の前の景色についてご案内いたします。
朝の摩周の展望台では様々な場面を見せてくれます。そのいくつかご紹介したいと思います。

場面1:摩周カルデラ外輪山で霧氷が見える朝

摩周湖の霧氷

天気がよくて展望台の周囲で霧氷が着いて朝はもう言葉はいりません。太陽の光が当たると霧氷はピンク色に染まり、とても美しい景色を摩周湖は見せてくれます。

場面2:摩周では霧氷が見えず、低地で霧氷が見られる朝

屈斜路カルデラ内の霧氷

残念ながら、摩周の外輪山では霧氷が見られないのですが、川の周辺や硫黄山、川湯温泉周辺で霧氷が見られることがあります。

場面3:ダイヤモンドダストが見られる朝

摩周湖日の出とダイヤモンドダスト

とても稀ですが、ダイヤモンドダストが摩周で舞う朝もあります。摩周だけではなく、カルデラ内部などで見られることもあります。

場面4:霧氷はついてないけど、日の出がきれいにみられる朝

摩周湖霧氷ツアー|日の出

摩周にもカルデラ内部にもどこにも霧氷が着いていない朝もあります。天気さえよければ、昇ってくる日の出を見ることができます。日の出に染まった雪面がとてもきれいに見られます。

場面5:霧に包まれてしまう朝

霧の摩周湖と霧氷

もちろん条件のいい日ばかりではありません。
霧に覆われている朝は「霧の摩周湖」をご案内いたします。

2018年12/22~2/28の日の出時刻を調べよう!

季節によって日の出の時刻は変化します。ツアーの現地滞在時間6:30~7:00の間に日の出になる季節もありますので事前に確認してから出かけましょう。

根室(北海道)のこよみ 平成30年(2018) - 国立天文台暦計算室

真冬の服装について

冬期服装:早朝は最低気温がマイナス20度を下回る朝もあります。出来る限りの暖かい格好をご用意ください。スキーに行くイメージで、脱ぎ着しやすい重ね着がオススメです。

インナーを工夫すると効果的です。耳が霜焼けにならないように耳をしっかり覆いましょう。首元を温めるマフラー類は非常に有効です。スマホで写真を撮るときにはスマホ対応手袋があると便利です。

ふゆの服装

★ 当日の流れ ★

〇当日AM5:30にガイドが天候判断
※雨天・降雪時や雨天・降雪予報などの場合、中止のご連絡をさせていただきます。中止連絡のみとなります。催行の場合は連絡いたしませんのでご注意ください。

〇AM5:50 ホテルロビー集合 → AM6:00出発
出発10分前5:50までにホテルロビーにご集合ください。各宿泊施設を回りながらお迎えに参ります。
ホテルパークウェイは出発地点より少し離れた場所にあるため、お迎えが遅れる場合があります。

○AM6:30 摩周第一展望台到着 ガイド時間30分

○AM7:00 摩周湖出発 → AM7:30 宿泊施設到着

暖かい日は後ろ髪を引かれつつ、寒い日は車の中で暖まりながら宿泊施設へ戻っていきます。
移動中は見てきた景色の振り返りや周辺情報などをご案内いたします。

★ お申し込み ★

下記予約フォーム またはお電話、もしくは下記川湯温泉内の送迎可能な宿泊施設フロントでお申し込みください。
ツーリズムてしかが 015-483-2101(営業時間9:00-18:00)

摩周湖霧氷ツアー予約フォーム※定員になり次第、締め切りとなります。
※気象条件によって霧氷が見られない場合もあります。
お客様のご都合によるキャンセルは前日18時30分までとなります。以降のキャンセルはキャンセル料100%をいただきます。
申し込み締め切りは前日18時30分までです。
送迎可能なホテルは、川湯観光ホテル、川湯第一ホテル忍冬、ホテルきたふくろう、KKRかわゆ、お宿欣喜湯、湯の閣池田屋、川湯パーク、ホテルパークウェイです。
それ以外のご宿泊施設をご利用の場合は、当社事務所へ集合となります。詳しくはお問合せください。