摩周・屈斜路雲海ツアーをご紹介!

摩周・屈斜路雲海ツアーの様子

摩周・屈斜路雲海ツアーは川湯温泉から摩周第3展望台へガイドが同行する所要時間1時間30分のガイドツアーです。宿泊施設出発から周辺の自然や雲海についての案内が始まります。
そんな摩周・屈斜路雲海ツアーの様子を少しだけご紹介したいと思います。

宿泊施設から出発

川湯温泉を出発するとガイドによる案内が始まります。
その日の雲や霧の状況から話が始まり 摩周湖から見える景色についてなどご案内いたします。


現地でのご案内

摩周湖の展望台にて風景を観察します。
摩周湖での滞在時間は30分です。風の強い寒い日だと30分も長く感じることもありますが、条件のいい暖かい日などは30分だと物足りなく感じることもあります。ガイドは目の前の景色についてご案内いたします。
朝の摩周の展望台では様々な場面を見せてくれます。そのいくつかご紹介したいと思います。


場面1:屈斜路・摩周カルデラに雲海が見える朝

天気がよくて摩周・屈斜路カルデラ両カルデラに雲海が広がる朝はもう言葉はいりません。もちろん毎朝そうだといいのですが、自然現象なのでそうはいきません。
摩周湖はきれいに見えているけれど屈斜路カルデラ側は雲海になっていたり、 雲海の標高が展望台の標高のすぐ下にある時は辺り一面が雲海になっていることもあります。 風がある程度吹いていると30分摩周湖の展望台で滞在している間に雲海が見え隠れすることもあります。


場面2:部分的に雲海が見える朝

眼下がすべて雲海に包まれている朝もあれば、部分的に雲海が見えている朝もあります。
風の影響や気温の影響によって、霧が消えいく最中であったり、海霧が流れてきている最中であったりすると、部分的な雲海になります。
部分的な雲海の場合、山にかかる雲のようになっていることもありますし、湖の上だけ雲海になっていることもあります。
写真は霧が途中まで流れてきたけど、途中で消えていってしまっている様子です。


場面3:硫黄山と摩周湖がきれいに見える朝

昼夜の温度差が大きくない朝や、夜から朝にかけて風の強い朝などは雲海が発生していないこともあります。
その場合は朝の静かな時間の中、上から見る硫黄山や朝のきれいな摩周湖などを見ることができます。


場面4:霧な朝

もちろん条件のいい日ばかりではありません。
霧に覆われている朝は「霧の摩周湖」をご案内いたします。
別の峠に行ったら雲海が見えることもありますが、だからこそ摩周の展望台でトライして摩周や屈斜路カルデラの雲海が見えたときのうれしさは倍増します!


宿泊施設到着

暖かい日は後ろ髪を引かれつつ、寒い日は車の中で暖まりながら宿泊施設へ戻っていきます。
移動中は見てきた景色の振り返りや周辺情報などをご案内いたします。

朝食前の摩周湖。ぜひ一度、一緒に摩周湖へ雲海をトライしに行ってみませんか?


次のページでは、その摩周・屈斜路雲海ツアー時間中の日の出時刻をご紹介していきます。

フォローする