摩周・屈斜路雲海ツアーをご紹介!

さぁ!雲海を見に早朝出かけよう!

標高680m。早朝の摩周湖第三展望台に立つ。
西には日本最大の面積を誇る屈斜路カルデラ。
東には神秘の湖、摩周湖の豊かな湖水を湛える摩周カルデラ。
2つのカルデラに流れ込み、満たし、溢れる雲の海。
それでは、雲海を眺めに行く摩周・屈斜路雲海ツアーをご紹介したいと思います。

どうして摩周・屈斜路なの?

―摩周・屈斜路で雲海ができる理由 その1―
南風に乗って流れてくる霧

東北海道の中央に位置する弟子屈町から南に釧路という街があり、 釧路より南には太平洋があります。夏場は暖かい気温により太平洋の上空で霧が発生し、その霧が南風に乗って北へと流れてくると一番始めにぶつかる山が摩周や屈斜路を取り囲んでいるカルデラの外輪山になります。
特に夏の昼間、摩周湖は霧に包まれることが多いため、霧の摩周湖はそのまま摩周湖の代名詞となっていきました。ではその霧はどうなっていくのでしょうか。次を見てみましょう。

―摩周・屈斜路で雲海ができる理由 その2―
摩周カルデラ・屈斜路カルデラという地形

阿寒国立公園は、摩周カルデラ・屈斜路カルデラ・阿寒カルデラの3か所を包括するように指定されています。

もともと火山地帯だった場所が噴火を繰り返すことで、大地が窪み大きな鍋の形をした外輪山が形成されてできた大地がカルデラです。3つのカルデラの中でも屈斜路カルデラは長径約26キロ、短径約20キロと日本最大の大きさを誇っています。この大地が雲海を見ることのできる重要な要素となります。

風が弱ければ、カルデラ内部では太陽が沈むと山の空気は放射冷却によって冷やされていきます。暖かい空気よりも重たい冷やされた空気は外輪山の斜面に沿って下降していきます。

そのため、早朝に向かうにつれて、摩周湖を覆っている霧も下降する空気と共にカルデラの底へと沈んでいき、大きなカルデラという鍋の底に霧が立ち込めていきます。

季節によって変化しますが、その他にも夜間の放射冷却により平地の空気が冷やされ、放射霧が発生してカルデラ内部に溜まる場合など、様々な条件によって霧が発生します。

―摩周・屈斜路で雲海を見る理由 その3―
カルデラの外輪山にはいくつもの展望台

最後に摩周・屈斜路エリアがどうして雲海を見るのに適しているのかをご紹介します。

当エリアではカルデラの底にたまった霧を上から見下ろすことができる場所がいくつもあり、様々な角度から雲海を楽しむことができるのが屈斜路カルデラの外輪山です。そこにはいくつもの展望台があります。

「摩周第3展望台」「津別峠展望台」「藻琴山展望駐車公園・ハイランド小清水」「美幌峠」です。

もちろん摩周カルデラでも同じように雲海が発生することがあります。しかし、摩周カルデラは年間を通して比較的水温が低い摩周湖という湖で覆われており、湖面から上昇気流が発生してしまうことが多いため霧が溜まりづらく、霧が摩周湖上にたまるのは貴重な現象となります。

展望台は自分たちでも行くことができますが、ガイドの案内でより当エリアのことや雲海について知りたいという方のために、川湯温泉に宿泊されている方へ、摩周カルデラと屈斜路カルデラの両方を眺めることのできる早朝の摩周第3展望台へ行くガイドツアーを用意しています。

次のページで、その摩周・屈斜路雲海ツアーの様子をご紹介していきます。

フォローする