摩周湖星紀行をご紹介!

さあ、星を見つけに行こう!

”神秘の湖”、摩周湖。

その湖を舞台に毎夜繰り広げられる星たちの大パノラマショー。
燦然と輝く一等星、いくつもの物語を紡ぐ星座たち、夜空を演出する天の川や流れ星・・・
宇宙の深淵に触れ、ノスタルジーに浸ります。では夜空を眺めに行く摩周湖星紀行をご紹介したいと思います。

そもそも、どうして摩周湖なの?

― 摩周湖で星を見る理由 その1 ―
ほぼ360度見渡せる展望台

都市部から離れ、東北海道の中でも中央に位置する摩周湖・屈斜路湖・硫黄山のある人口約7800人の町、弟子屈(てしかが)。

この町では夜に少し集落から離れた場所へ車を走らせると、道路沿いにはほとんど街頭がありません。車を停めて夜空を見上げると、天気さえよければ至るところで夜空を見上げることができます。

しかし、弟子屈町は屈斜路カルデラという山に囲まれた地形になっているため、平地で星を観察しようとすると、どうしても上を見上げなければいけません。そこで、摩周湖の展望台が登場します。

摩周湖を見下ろすことができる摩周第1・第3展望台は摩周・屈斜路カルデラに上った一角に位置し、見晴しのいい展望台となっています。そのため、ほぼ360度ぐるりと景色を望むことができるのです。

もちろん、登山などをして山で夜を過ごすことができれば、同じような広い空を見ることができるでしょう。しかし、摩周湖の展望台は、車でアクセスができ、街から程よい距離に位置しているため、 気軽に訪れることができる星観察には絶好の場所となっています。

― 摩周湖で星を見る理由 その2 ―

自分の目線から星が見える

東北海道には雄阿寒岳や雌阿寒岳、斜里岳など1000mを越える山もありますが、摩周湖の展望台からは直線距離で20~30キロは離れています。そのため、展望台から周囲を見渡すと、目の前にそびえ立つような視界を遮る高い山がありません。

また、展望台から南には釧根台地と呼ばれる平地が広がっているため、釧路という街が南に約70㎞ほどのところにありますが、地平線に釧路の街明かりも見ることができるほどです。

そのため、東北海道全域で天気が良く、かすみが無ければ、自分の目線から星を楽しむことができる場所にもなっています。

― 摩周湖で星を見る理由 その3 ―

夜の摩周湖を楽しむ

昼間の摩周湖ももちろんいいけれど、夜の摩周湖はとても静かで真っ暗ないい場所です。

摩周湖は国立公園の中でも特別保護地区に指定され、人が近寄ることができない湖です。そのため、湖岸には一切人工物はなく、もちろん明かりもありません。そのため、夏の星夜の場合、真っ暗なため、摩周湖を見ることができない場合もあります。

もし、夜の摩周湖の景色を楽しみたいときは月夜を選ぶのがいいでしょう。月が明るすぎて、見える星の数は減ってしまいますが、その分、湖をきれいに見ることができます。

次のページでは今年の月の満ち欠けや天文現象をご紹介します。

フォローする